がん看護専門看護師の役割について

がん看護,専門看護師

近ごろでは、がんにかかる人が非常に増加してきています。胃がんや大腸がんなどさまざまながんにかかった人が数多く病院で治療を行っています。病院で働く医療スタッフの中でも、このようながん患者を担当するがん看護専門看護師の役割はますます重要になってきているのです。 がん看護専門看護師の役割は、がんによる身体的な苦痛だけではなく、精神的な痛みに対しても親身になって寄り添い、痛みを緩和することです。がんが骨に転移することによる痛みを緩和するために、医療用麻酔を使用するなど、常に患者の立場に立ってきめ細かい看護ケアを実践しているのです。 がん看護専門看護師は、がんに特化した専門知識や看護技術を勉強して身に付けていますので、急変時などにも迅速に臨機応変に対応することができるのです。また、がん患者の家族に対しても、精神的ストレスがたまらないように配慮しているのです。 このように、がん患者やその家族を全力で支えている看護師は、多くの患者と非常に強い信頼関係で結ばれているのです。看護師は患者の痛みや倦怠感を緩和するために、マッサージやタッチング、患部を温めるなどさまざまな方法で努力を重ねているのです。これからもがん患者を支える看護師の役割はますます高まっていきます。 580

がん看護の仕事内容について

がん看護,専門看護師

患者さんがガンである場合に、がん看護の仕事内容にはどのようなものがあるのでしょうか。 まず、患者さんががんであることを知っている場合には、仕事内容として、がんがそれほど怖くないというような明るい話題を持って行ったり、患者さんが手術などで不安にならないようにと、細心の注意をはらって会話などを行います。 がん看護の際の看護については、患者さんに「手術内容」や「入院中の食事制限」などの説明を行います。 また、どれくらいで治療が終わるか?やどのような手術が行われるのか?なども説明を行います。 がん看護としては、手術前に食事制限などが設けられる場合もあるため、患者さんの食事などについても、注意をして看護をされることが多いです。 他には、仕事内容としては、患者さんが手術室に行く際には、付き添いなどを行い、またベットを誘導させるのも仕事の一つです。 また、手術が終わった患者さんを、病院の室内に戻していく仕事もあります。 また、他にも、患者さんの家族の方に手術の説明や入院に関する説明、入院の際の注意事項などをお話することも、仕事です。 また、面接時間や控えて欲しいお見舞い品などを説明することもあります。 がん看護の場合には、部屋によっては無菌室など、入室の際にも、注意をしてもらう部屋があるため、細かいお話をします。 581

更新履歴